フケ 原因 シャンプー

フケの原因はシャンプーにあった?!

フケの原因はシャンプーにあった?!

フケとは肩や首周りでよく見かけるうろこ状の白い物質で、頭皮が新陳代謝したことで生じる垢のことを指していて、漢字では頭垢・雲脂などとも書かれています。
特に社会人の方の場合は周囲から見た時に不快を感じることになるため、頭に汚れをため込まず清潔にするとともに、肩周りに汚れがたまっていないかを確認することになります。
フケと聞くとマイナスなイメージがあるものの、そもそもは頭皮の新陳代謝により生じるは肌細胞のかけらになりますので、雑菌などが取り立てて多いわけでもなく、また生じること自体とくに身体に問題があるわけではありません。

 

このフケには脂性と乾性の2種類があり、まず脂性の場合は肌が分泌する皮脂の量が多くなることから角質が剥がれやすくなることが原因として挙げられ、一方で乾性は肌が乾燥したことで外からの刺激から弱くなりその事が原因で角質が剥がれ落ちる事になります。
頭皮がべたつく方の場合は脂性にあたりますので、対処法としては洗髪の際にしっかり皮脂を落とす必要があるのですが、その際に洗浄力が強いシャンプーで過剰に洗うと必要な分の皮脂まで含めて落としてしまう事になり、さらに過剰な皮脂の分泌を招くことがありますので注意が必要です。
また乾性の場合の対処法としては、頭皮にしっかりと保湿を行い潤いを与えることが重要になるのですが、とくにシャンプー後は肌の乾燥が著しく状態を悪化させることにもつながりかねませんので、どのような種類の製品を用いるかはよくよく考えなければなりません。

 

つまり脂性と乾性の双方のフケはシャンプーが原因となる場合は往々にしてありますので、刺激が少ないことやしっかりと保湿することができる点を考えた時にはアミノ酸系を使用することが最もおすすめになります。
特にアミノ酸系で人気が高いラフィーシャンプーはプロのスタイリストが開発に携わったこともあり、頭皮トラブルはもちろんのこと毛先のダメージなども含めて様々な悩みを解決することができます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ